Working Groups

Working Groups

文字情報技術促進協議会では、文字に関する様々にある課題の解決のための部会を設置し、活動を行っています。

Working Groups
Working Groups

各活動について

文字コード技術部会

文字による情報伝達をデジタル技術で行う場合、文字の識別のために番号(文字コード)を各文字に割り当てています。11万以上の世界の文字にコードが割り当て済みです。漢字については未解決の課題がまだあります。文字コードの諸課題を調査して解決への提案を行います。

文字の知識部会について

普段あまり意識することのない文字のかたち=書体には、さまざまな「読ませる工夫」が詰まっています。それは、大げさに言えば時代を映す鏡なのかも知れません。文字の知識部会では、文字・フォントの調査研究を通して知識を深めていきます。

フォント関連仕様調査部会

オープンな環境において文書コンテンツ、文書表示アプリ、フォントが調和して動くようにするため、本部会ではフォント関連仕様の調査を行います。その結果に基づいて、仕様へのフィードバック仕様に従った実装の推進などのアクションを取って いきます。

文字技術支援部会

文字技術支援部会は、これまでのレガシーなシステムからUnicode IVS/IVD、 および文字情報基盤に対応したシステムへ移行する上で解決するべき課題の確認、および解決、 そして円滑な移行を実現するため手法などについて検討を行っています。

Scroll to Top