Unicode IVS対応製品

Unicode IVS対応製品

Unicode IVS対応製品
IVS Compliant Products

Unicode IVS対応製品

AJ1、文字情報基盤など異体字を多く含む文字集合を使用するためにはUnicode IVS (Ideographic Variation Selector) / IVD (Ideographic Variation Database) に対応したフォント、アプリケーション、そしてオペレーティングシステムが必要です。これらの規格に対応するためにはサロゲートペア(UTF-16における32ビット文字)だけでなく、最大1文字64ビットにもなる符号化に対応しなくてはなりません。

Scroll to Top