UNICODE IVS
Unicode IVSは、外字を使わずにいた字を表現できる 国際標準規格です。 (Unicode、ISO-10646規格の一部)
詳しくはこちら
外字のない世界
文字情報技術促進協議会は、外字の無い相互運用が可能な 文字の世界を実現するための活動を行っています。
詳しくはこちら
CITPC私用文字マッピングIPAMJ明朝
CITPC私用文字マッピングを用いた IPAmj明朝フォントをリリースしました。
詳しくはこちら
Previous
Next

文字情報技術促進協議会が「文字情報基盤」の成果物を、情報処理推進機構から移管
~ 相互運用性のさらなる拡大へ ~
詳しくはこちら

Unicode IVS

Unicode IVSは、外字を使用せずに異体字を表示、印刷、 データとしての送受信を可能にする仕組みです。国際標準で あり、高い相互運用性が保証されています。

IVS 対応製

既にに多くのフォント、アプリケーション、オペレーティングシステムが、 Unicode IVSに対応しています。今からでも、人名、地名に正しい漢字を 使用できるシステムへ。

文字情報基盤

これまで外字でしか表現できなかった人名、地名を国際標準規格に 沿って使用できるようにする取り組みです。Unicode IVSに対応したシステムは、 文字情報基盤に準拠したシステム構築が可能です。

人名・地名

Unicode IVSに対応した製品を使用することで、 正しい人名・地名を表示、印刷することができます。 マイナンバーを見据えた情報システム構築をサポートします。

先進国の中で唯一文字情報交換が保証されていない日本。

文字情報技術促進協議会には、外字の無い世界実現のため、相互運用性の確立、実装課題の解決などに取り組んでいます。

  • 人名、地名などこれまで外字を必要としていた文字を扱える国際標準です。
  • 万葉集をはじめとする文章で使用されるほとんどの文字を表現できます。
  • JIS90、JIS2004などの字形の違いを使い分けることができます。
  • 字形情報の永続的な保存が可能です。(JIS90, 2004問題を避けられます。)

文字情報技術、特にUnicode IVSの普及促進に資する活動を行っています。 文字情報データベースにおいては、文字にかかわる様々な情報を蓄積、検索 できるサービスを構築しています。

info@moji.or.jp
 

〒108-0074

東京都港区高輪3-25-27-1107

一般社団法人文字情報技術促進協議会 事務局

Scroll to Top