文字とマインド(印刷会社のフォント開発物語)

2017年11月
凸版印刷株式会社
田原 恭二

私がいいなあと思う書体は,書かれた内容がズンズン頭に入ってくる書体だ。活字で組まれた文章を読んでいると,使われている書体がそういう書体かどうか大抵気になってくる。いいなあと思う書体で読む本は楽しい。物語の世界に自然と引きこまれるし,登場人物のキャラが立つのもいい。私が担当させていただいた「凸版文久体」は…

Scroll to Top